ロサンゼルス留学なら手数料無料で安心のロサンゼルス留学センター

新型コロナウィルス(COVID-19)最新情報とQ&A

新型コロナウィルスに関する最新情報です。アメリカは各州・各郡によりルールが異なります。
下記はCA州の新型コロナウィルス関連ニュースやお知らせが中心となります。

2021年6月10日更新・LA新型コロナウィルスワクチン接種状況

ワクチン1回目接種者数 16歳以上→5,400,962人(64.9%)、65歳以上→1,178,203人(85.8%)
ワクチン2回目接種者数 16歳以上→4,117,512人(40.9%)

コロナに関する最新情報

ビザ発給状況 学生ビザ【F1/ M1】→発給しています。
ESTA(短期観光ビザ)→発給しています。
入国の可否 学生ビザ、ESTA、他ビザ保持者も入国可能
渡航可能条件 下記はアメリカ入国時に必要な書類です。
➀ビザを持っている事(学生ビザ入国可)
➁有効なI-20
➂日本出国72時間前に受けたPCR検査陰性証明の提示
トラベルフォームのオンライン提出
渡航前PCR検査 遺伝子検査(NAAT: Nucleic Acid Amplification Test )
抗体検査(Antigen Test)
で受けた陰性結果である事。

〇成田国際空港PCRセンター
〇一般クリニック
隔離措置の有無 ロサンゼルス→10日間の自己隔離
隔離施設指定→ありません。陰性証明書の提出でホームステイ先や寮で自己隔離が出来る場合もあります。
担当カウンセラーへご確認ください。
カリフォルニア州ワクチン情報 2021年4月15日より、12歳以上の全員がワクチン接種を受けられるようになりました。County of Los Angeles public Healthからワクチン予約できる場所一覧を確認できます。
現地でのPCR検査 米国到着後のPCR検査は必須ではありませんが、以下を推奨しています。

〇推奨:旅行後3~5日以内に検査を受ける→陰性だった場合は旅行後7日間の隔離のみ。
ロサンゼルス郡では、住民で発熱、関、息切れ等の症状がある方は無料のCOVID-19検査を提供しています。
※各郡、地域により対応が異なりますので検査前に各機関にお問合せください。
PCR検査の検査場検索・予約はこちらから
 
〇到着後アメリカでPCR検査を受けない場合→最低10日間の自己隔離。
到着後に症状が出た場合

〇必ず加入保険先に連絡し、指示に従ってください。
〇かかりつけの医者がいる方は、医者に電話をし、指示に従ってください。
〇部屋から出ない様にしてください。

外出制限措置 現在は外出禁止令は発令されていません。
マスク着用ルール

マスク着用、ソーシャルディスタンシングを保つことが推奨されています。
地域によってはマスク着用をしていない方への罰金もあります。

ロサンゼルス市内全てのスーパーマーケット、薬局、飲食店、ショッピングモール、配車サービス(Uber Lyft)はマスク着用必須です。着用されていない場合はサービスを受けられません。

学校再開状況 対面クラスが再開している学校があります。
詳しい学校再開情報はこちらから

新型コロナウィルスに関するQ&A

1 アメリカ入国はできますか?
できます!入国時に必要な書類と学生ビザ、I-20を持っている必要があります。コロナで一時ビザ発給が停止されていましたが、2020年7月14日から再開されています。在日本米国領事館でのビザ面接も再開しており、実際にアメリカ留学されている方も多くいらっしゃいます。
2 学生ビザを取得して留学できますか?
できます!学生ビザ発給は再開されています。ビザ取得には学校が発行するI-2Oが必要になります。
3 学校は再開はしていますか?
しています。語学学校や専門学校は対面クラスが再開している所が多いです。大学やカレッジは今年2021年の秋セメよりほとんどの所が再開するとされています。
詳しい学校再開情報はこちらから
4 早期帰国を検討しています。学校や滞在先のキャンセルは可能ですか?
キャンセル料やキャンセル規定は学校や滞在先により異なります。次回ご渡航時に残りの就学期間分を利用できる場合もありますので、担当カウンセラーに一度お問い合わせください。

その他、航空券の変更、携帯電話の解約、銀行口座の解約、保険の契約期間の変更、帰国届の提出などのお手続きが必要となります。
銀行口座の解約等、日本ご帰国後はお手続きが難しい場合もございます。必ず帰国前に手続きを行いましょう。
また携帯電話の解約は、オンラインでの手続きが可能な場合もありますので、契約会社に確認してください。
早期帰国により保険終了日が変更となる場合、保険料の返金が可能な場合もございますので、詳しくは、ご利用の保険会社にお問い合わせください。

在留届を書面で日本国大使館、日本国総領事館に提出した方は、在留届を提出した在外公館に直接お問合せください。
オンラインで提出した方は、下記より手続きが可能です。
外務省 オンライン在留届:変更届、帰国・転出届提出
5 渡航の延期はできますか?
延期に関する手続きや費用は各学校、航空会社、滞在先手配会社により異なります。
新型コロナウィルスにより柔軟な対応をされている所が多いので、一度担当カウンセラーへご相談ください。
6 学校へ通学はできますか?
対面授業が再開している学校への通学が出来ます。オンライン授業と対面授業を混ぜたハイブリット式の学校へ入学された場合は、対面授業の日のみ学校へ通学して頂きます。オンライン授業はご自宅、または滞在先から受講となります。

公共交通機関は新型コロナウィルスの影響により運行スケジュールが変わっている場合もありますので、通学前にご確認ください。公共交通機関をご利用になる際は、必ずマスクの着用をお願いします。
7 渡航の時期はいつ頃に設定したらいいですか?
学生ビザ留学生のアメリカ入国は許可されています。渡航は、対面授業が再開している学校へ入学の場合ご希望の渡航日でお越し頂けます!対面授業が再開していない学校の場合でも、今後対面授業再開の目途が立っており、I-20が発行される学校であれば渡航可能です。学校のお手続きから学生ビザ取得までに、約3か月間を要しますので、渡航時期がお決まりの場合はお早めにお問い合わせください。
8 日本へ帰国する際に必要な手順はありますか?
アメリカ・カリフォルニア州から日本へ帰国される方は、下記を参考にしてください。

〇アメリカ出国72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書提出する事。指定のフォーマットで医師からのサインがある証明書を提出すること。
外務省のホームページに所定のフォーマットが掲載されておりますので、こちらからご確認ください。

〇入国翌日から起算して14日間の隔離が必要です。隔離場所は検疫所長の指定する自宅、空港内のスペース、検疫所長が指定した施設等です、

〇空港から隔離場所やご自宅へ行かれる際は、公共交通機関(バス・電車・タクシー・国内線航空機)などは使用できません。事前にご家族や所属会社を通じて、またはご自身でレンタカーなどをお手配ください。

コロナ渦での留学について

もっと詳しい現地の情報や学校情報を知りたい!留学したい!など、些細な事でも構いません。ニュースだけでは知り得ない情報も沢山あります!留学をご検討されている方は、是非一度お気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちらから

ロサンゼルス留学センターお問合せ カウンセリング予約はこちら 無料見積りはこちら
イメージ フリーダイヤル ヨイクニ オーク tel:0120-4192-09 受付時間/10:00 ~ 20:00 (年中無休) 無料メール相談
  • レッスン
  • 学校一覧
  • youtube
  • 選ばれる理由